Concept コンセプト

畑から食卓への旅

ル サロン ド レギュームとは家庭にもある「台所」、太陽の恵み「野菜」の意味を持ち、
「驚きを生み出す」「恵みを感じる」「共に育む」
そして「大切な食卓をもてなす」という意味も含まれています。

「Salon」とは原意で宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界をサロンと呼ばれていました。
生産者が手塩にかけた野菜の晴れ舞台。
そこに人々が集い、笑い・刺激・感動をエッセンスとし時代に合わせた一皿に創造していく、
そういうレストランであり続けます。

生産者から食卓へ少しのお手伝い

県下であればすぐに生産者に会いに行きます。話を聞き成長する過程を知ります。
一緒に土を触り、匂いをかぎ、雑草の種類を勉強し、畑の周囲の環境を教わり、歴史を感じ、
一緒に収穫を手伝います。
わたしたちは「契約農家」という言葉を使いません。
食卓とは元来、生産者が居なくては成り立ちません。
生産者の方々の思いをどのように食卓に届けるのか、健全な食卓とは何か。
それを少しお手伝いさせて頂く、この思いがレストランをオープンしたきっかけでもあります。

フランス料理は温故知新の世界でもあります。古き良きを知り新しく常に進化し続ける。
原点に目を向けつつ、それを今の時代に反映出来るようレストラン「ル サロン ド レギューム」はライトフレンチという概念で生産者と共に創造してまいります。

志高く営む方、バイタリティーあふれる方、人情深い方など沢山の生産者に支えられ日々を迎えられることを感謝し、お客様に大切な食卓の時間をおもてなし致します。

ページトップへ

Facebook

Facebookページへ

Loading...